クライミングスクール・ジムJ&S池袋とJ&S駒沢のブログです。会員様向けに、休業日やイベントのお知らせ、ジムやクライミングに関係あること・ないこと、楽しかったこと・おもしろかったことを載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
残暑
午後6時

ヒマな駒沢はお盆で更にヒマ

帰り支度

BGMは沢田健二

ブクブクにふっとったけど声質は昔より今のがいい

エレベーターが作動して8階に

ドアが開いてもだれもいない

すぐに1階に

またあがってくる、8階だ

乗り遅れたのか、と思いドアを見る

だれも乗ってない

今度は1階に降りずに止まっている

ここのシステムは必ず下に降りるはず・・・

お盆サービスか!

リュック背負ってボタン押すとドアがあく


乗り込んで1階を押す

妙に中が寒い、冷気が・・

いやな感じだ

左肩後方を見ると誰かがいる感じだ

1階に到着する

ドアが開かない

緊急ボタンのスイッチを押そうと右手を出した瞬間
凄い力で握られた

ふりかえっても
だれもいない!

カラカラに乾いた喉から声がでない・・!



すると呼んでもないインターホンから低い声で

ハサラバサマ
ハサラバサマ


と・・


なにかの呪文か

にぎられた手はさらに強く

渾身の力でふりはらおうとしたとき

エレベータのドアが開いた

外に飛びだす

背中は汗びっしょり

右手は悪いスローパをさんざん押さえつけたあとのダメージだ

するとまたエレベーターが作動し始めた

行き先はだれもいない8階

恐怖でかたっまった体で外に、すると

凄い雨が降ってきた

がくがく震える膝に気合をいれ

駅にむっかって走りだした、するとベローチェの角から男が
とびだしてきた、よけきれずぶつかり2人とも尻餅を・・・

びしょ濡れのなか
まだ倒れてる男にちかずき声をかけた

大丈夫?

顔をあげた男の顔に全身が凍りついた

眼球が無いのだ

そして聞き覚えがある声で


ハサラバサマ・・・

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。