クライミングスクール・ジムJ&S池袋とJ&S駒沢のブログです。会員様向けに、休業日やイベントのお知らせ、ジムやクライミングに関係あること・ないこと、楽しかったこと・おもしろかったことを載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
J&Sシネマクラブ
ツタヤを歩いてると、懐かしいDVD。
切れるはずのないハーネスが・・・ブチっ! 落ちてゆく女。
「これは!」とパロった"クリフランドリー"。

本当は、ハンバーガーを取りに行くスタローンにしたかった。
そこでハーネスが・・・・では、映画が始まらないか。

ただ、岩を登るシルちゃん(*1)、トップロープはないだろう。
しかも、わざわざあんな高いとこで足ブラのクライミンクをしなくてもいいものを。

シルちゃんもそうだけど、ミッションのトムといい、この筋肉が、クライミングに誤解を招いたことは、言うまでもない。

極め付けは、恐れ入り谷の鬼子母神"バーティカルリミット"。
冒頭の、ロープを切ったら2人助かり、切らないと3人死ぬ、というシーン。カムはガタガタ、今にも外れそう。ありえない! まあこれでみんな死んだら、これまた・・・。

しかし、クラックに入れるカムは「慎重に!」が常識なのに、また別のシーンでは、ランジしてカムを突っ込む! 呆れるー。そして、妹を救うため、崖の向こう側へ、ピッケル両手に飛び掛かる。100回やって一回出来るか出来ないか・・・いや、絶対止まらないだろう。見ているこっちが限界ギリギリ。

最後に1本、オススメのDVD。評価はケチョンケチョンの最悪。でも傑作よ。

"悪の法則"

「おい、おい、おい・・・」と、良からぬ偶然が。ぜひ、お暇なときに。

いやぁ、映画って本当にいいですね。ハイ、時間来ました。
それでは、さよなら、さよなら、さよなら


*1・・・シルベスタ・スタローン
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。