クライミングスクール・ジムJ&S池袋とJ&S駒沢のブログです。会員様向けに、休業日やイベントのお知らせ、ジムやクライミングに関係あること・ないこと、楽しかったこと・おもしろかったことを載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マグカップ
こんにちはー。紀伊国屋の瀬尾です。寒い日が続きますねー。
モチベーションは低空飛行で、バレンタインはチョコの紙屑の山です。

おまけに新宿閉店と、イヤなニュースです。
いくら四国にいい女ができて、そっちに行くからって辞めなくてもと思います。

こう寒いと、うちでシコシコ読書です。
今日はオススメの2冊を。

「贖罪のソナタ」
作家は48歳のデビューで今53歳
この5年間寝て無いんじゃないか?とおもうほど精力的です。

14歳で少女を殺し死体をバラバラにして捕まった主人公が
少年院で更正し名前を変えて弁護士になる。
ただの弁護士じゃなく超悪徳の、でも実はその裏には・・・

あんまり言うと、うちの売上に響くので・・・ま、いいか!

単なる法廷ものとは一線をがす展開。
1審2審と無期懲役の有罪判決をうけた被告人。
舞台は最高裁に、ここで判決をひっくり返すには
よほどのことが無い限り・・・

冷徹弁護士が仕掛けたトラップ。
最後にまっている大どんでんがえし。
でもまだおわらない驚愕の真相とは・・・

いやぁ、読みたくなったでしょう!
ぜひ紀伊国屋へ。

そしてもう1冊!
続編ですね。

「追憶のノクターン」
ノックダウンものです300ページ一気読み。
頚椎6、7の張りも、なんのその。
思わず作家に「おかわりー」と言いたいです。

夫を殺害した妻に言い渡された判決は16年。
本人の自白、そして動機、物証となにひとつ揺るがない事件。
金にもならない弁護をなぜか率先して引き受けた本当の狙いとは?
検察側の圧倒的有利にすすむ公判に反転攻勢の狼煙はあがるのか?!

ゆるぎない判決をどうやって崩すのか!
また、その先に待ってる衝撃の事実とは。
すさまじい生い立ちだからこそ暴ける人間がもってる裏の顔。
0.1パーセントにかけた執念の追跡。
前作を凌ぐどんでんがえし。

いやぁ、たまりません!

いますぐに、紀伊国屋へ!
決して、ジュンク堂ではなく。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。