クライミングスクール・ジムJ&S池袋とJ&S駒沢のブログです。会員様向けに、休業日やイベントのお知らせ、ジムやクライミングに関係あること・ないこと、楽しかったこと・おもしろかったことを載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
君こそわが命
「ねえ、もう私たち終わりにしない?」
「どうして?」
「そんなこと言わなくても、分かってるんじゃない?」
「なんで? 俺はまだ君が好きだよ。
君はもう僕の事を愛してないの?」
「愛?愛ってなに? 教えてよ」
「その人の事を四六時中考えたり、思ったり。それが愛かな」
「四六時中考えてるわりには、渋谷で違う女とデート?」
「いや…、あれは会社の同僚だよ」
「ふ〜ん、同僚と手を握るかね」
「さ、寒いって言うから…、手袋代わりに…」
「すごいサービスね」
「あの後つけたら、丸山町のラブホに」
「す、すごく寒いって言うから…」
「雪山か! それでその子は助かったの?」
「なんとか…」
「ふざけるなっっ!!」
「で、でも君だって、ボルダリングジムの帰りに
筋肉マンのあの男とよく飲んでるじゃないかっっ!
う、うわさによると、ベットでステミングしてるらしいじゃないか!」
「ステミング!? 私が好きなムーブは、変形松葉バックよ!
彼はあなたみたいにすぐに終わらないのよ!
そして何度も何度も… な、何を言わすのよ!」
「本性を表したな女狐が!
おまえこそ、この草食ジゴロが!
ま、これで終わりだな」
「そのとおり!」
「くたばれあばずれ」
「そっちこそ、へにゃチン!」
「あ、電池切れー」

いやいや…
別れ話ぐらい、スマホじゃなく
会ってやってくださいな。
まったく…




スポンサーサイト
けんちん汁
「横浜・町田~厚木・事故」と、お決まりの表示。
梅毒ドライバーを上半身裸にし、渋滞解消まで土下座させる!
もちろん免許取り消しで。

70キロで走ったらオカマほられる小田原厚木、
それでも、ここは神奈川県警のドル箱。

100台は、いる覆面に、20キロオーバーで捕まり
おめえはじゃ70キロで走れるのか?と聞くと、
「いや無理ですね」と、ほくそ笑む交機に膝げり入れて、幕岩へ。

登り始めから敗退するまで、一体何回テンションすれば、気が済むのか。
ラーメン屋で、麺の固さをリクエストするならまだしも
ビレイヤーに、トップロープの張りを!
「はりはりでー」と、オーダーする神経に、アングリさせられる。

岩やるより、囲碁将棋でも。
そっちがお似合い。

ルックス込みで、いいとこゼロのブスの、
「テンション下さい」
「テンション下さい」
「テンション下さい」
の呪文に悩まされ、

老人ホームと、変態たちのたまり場となった、茅ヶ崎ロック。
おまけに、やたら多い先生方。

クライミングより、まずはダイエット、それから、筋トレ。
完全に順番を間違えている

かわいい生徒にダウンをかけ、
足場の悪いアプローチでは手をつなぎ、
なぜか、動かすのは口だけで、登って見せない。

不思議なインストラクターに殺意を覚え、
無駄な1日が過ぎていく。

ロープクライマーお決まりのカップラーメンで
せっかくの新鮮な空気は台無し。戦いの場である岩場で
ANAのビジネスフルフラットシートのごとく、足を伸ばし寝ているアホ。
浮石は処理しないが、ちょっと知ってるやつに会うと
周りそちのっけで、出来た課題は自慢し
出来ない課題の言い訳を、熱く語る。
出来ればそれは、岩場のアフターの、冷凍養殖金目の刺身でも
つまみながら・・・にして欲しい。

トップロープなら、スラスラなのに、リードになると落ちまくる。
自称"恐怖克服したい"生徒と、1回車椅子に乗らないと
分からない生徒に、神経すり減らし、残り少ない人生が過ぎていく。

2月の初め、まだ咲いてもないのに少しでも
カネが欲しい、観光協会の梅園開き。

岩はいいが、客層コージツか、ICIの幕岩で
20年ぶりにロープスクールを、神経抹殺でやろうと考えている。


・・・「テンション下さい」が、爆発する昼。
横浜町田の渋滞が、なぜいつも11キロで、9キロじゃないのか。

最近流行りのボルダリング合コンに来るいい女が
サクラだと、なぜ分からないのか。

ぼんやり考えながら今日という日が終わっていく。

ハッピーニューニューイヤー
「よいお年を・・・」から、「明けまして・・・」まで、わずか48時間。
どっちか省略したい今の時代、三が日は、どこもやってないから
保存食の為に餅だ、おせちだと、今じゃなんでもありの時代。
正月は一体どこに?だ。

元旦に粉少なめ、ほとんどキャベツと、大和芋のお好み焼きを食べ
寛ぎの「く」もなく、城ヶ崎に仕事。

昨日降った雪が凍結し、チェーンなど頭の片隅にもない、
伊豆観光ドライバーが、クルクルとスピンして
あっちこっちでぶつかりあい、普段10分で行ける場所も
2時間かかる渋滞となり、出るのはため息。
それでも、手を替え、品を替え、ハードな2日を乗り切った。

西高東低が決まれば、リアス式海岸の城ヶ崎は
「冬でも、Tシャツ短パン」という、キャッチをどう捉えたのか。

岩場に着くなり、Tシャツ短パンに着替え、
「これでいいんですよね?」と、ニコっと笑った生徒にキッスして
東京にリターン。

食ちゃ寝、食ちゃ寝に飽きた、少ない客の為に
店を開け、しばし一服。

8月に前十時靭帯のオペをしたカ○ブ。
普通なら、8ヶ月はかかる復帰。
心配からくる、気遣いの言葉は一切かけず、
変わりに「早く登れるようになれ!」の、冷たいメール。
その甲斐あってか、わずか4ヶ月でのカムバック。

IT企業の得意技であっちこっちにリンクを貼り、
何も知らない子羊たちに、ウソ800を並べ、
まるで、自分たちがクライミングのプロなんですよと振舞うファックジム。

挨拶と、ゴミを持ち帰れば、岩場で周りに真剣に取り組んでいるやつを
気遣わず、騒いでも何とも思わない、最悪ファッククライマー。

この世で1番危ない事が、外でやるボルダリングだと
まだ解らないファックボルダラー。

モチベーションの低下が激しい今日この頃。
死ぬほどのリハに耐え、復帰してきた
スーパーレデイー・カ○ブがくれた、あんまり欲しくないエネルギー。

揺れ動く気持ちを少しだけ押さえ、
今の自分をテーマに、今年は新しい展開をスタートする。

GOストレートで!
今年も少しだけ、よろしく願います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。