クライミングスクール・ジムJ&S池袋とJ&S駒沢のブログです。会員様向けに、休業日やイベントのお知らせ、ジムやクライミングに関係あること・ないこと、楽しかったこと・おもしろかったことを載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みちのくプロレス
高さ20メートルの前傾フェイス、最後に8手のボルダームーブが待っているレジスタンス系の課題。

いつもだったら、その最後をやってお終いだが、そうはいかない、入谷の鬼子母神。

たまに無性にやりたくなるロープ! 久しぶりに、ふんどし付けて、ヌンチャクをラックにかけ、腰に巻いたチョークに手を突っ込み、いざ出陣ときたもんだ。

オブザベやレスト、そっちのけで、ガンガン突っ込み、3本目にクリップしたとこで、ようやく尋常ではない腕の張りに気付いた。

ふだんパンプしない前腕は、10年前硬かった頃のペニスを彷彿させた。

核心前にお開きとなった事を認識はしたが、出まくりだしてるアドレナは止められない。

次のクッリップを死にそうな状態でこなす、いよいよだ。

慣れないビレイヤーに指示するのはやめて、「ま、グランドフオールはないだろ」と勝手に決め込み、動き出した。

あと1ヶ月、月日が経って、季節が秋になっていれば、効いてくるだろうが、今はヌメリ。
ポッケットを3本指で押さえこみながら。

南に面して1日中、陽が容赦なく当たっているおかげで、岩盤浴と化したサイドのカチを、AV男優のペニスに負けないガチガチの左腕で押さえ、右手アンダー、左ぬるぬるガバで体勢を作り、遠いホールドに右手をとばす。「落ちたらすぐ下にマットがある」とか、「トップロープでぶら下がるだけ」とか、そうじゃない。

4本目のボルトは、はるか右下。止めることが出来るのか新米ビレイヤー。

そして、前腕は若かりし頃のペニス。

気持ちを集中して出す出す!!

ハァ、ハァーッッ!!

右手はホールドに吸い込まれ、押さえつけようとした瞬間、
体は宙に舞った。


次の日。

久しぶりにカラファテ。

「あれーどうしたんですか、ロープなんて買って??」
「これからは君、ロープだよ。
ボルダリングなんか女、子供がやるもんだよ」

ハー・・・。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。