クライミングスクール・ジムJ&S池袋とJ&S駒沢のブログです。会員様向けに、休業日やイベントのお知らせ、ジムやクライミングに関係あること・ないこと、楽しかったこと・おもしろかったことを載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
復活 <後編>
<前編>からの続き


-バトル1

勝負は3本、お互いに作った3本の課題を登る。
もし3本どちらも登ったら、トライ回数で決め、
それも同じなら、ジャンケン。
いつまでも、アイコなら、もういいや・・・。

設定日は1日、共有ホールドはなし。
バトルは1週間後。

垂直SP、IN駒沢のチケットはピアで発売されたが、15分で完売。
当日券を求め下馬の交差点まで行列ができた。


まずはショーリンの課題。
本家本元、ギリギリ手に足の狭悪。
ショーリンよりリーチがある男はつらい!

でも、「さくらー、お兄ちゃんはねー」とは言わず、
超柔軟な股関節でコザックダンスを踊るかのように
横にスペースを取り、難なく一激。


男の課題は・・・
スタート高めに取り、ショーリンに手に足をやらせない作戦。
高い右足で、悪い「く」の字型のホールドを取りにいく。

傷口には悪い、腹筋総動員でキープすると、
左手をマッチ。すかさず、足を入れ替える。

並みの奴なら、もんどり返って終わりだが、
そこは、地獄の閻魔にも嫌われた男。
そのまま、もう1度左を出し、今度は手に足でFIN。
と、こちらも一激。

うっすらと血が滲んだ、わき腹が気になるが・・・。


2本目。

低いスタートから、足を遠くに張り、皿ホールドに右手を
引きつけるだけ、引きつけて、右足はそのままで、左手を真上のシワに。

慎重に、スタンスを入れ替え、右手を軽く添え、
今度は逆パターンのシワに左手を。強靭な指力で
ガストン気味に押さえ込み、右手シワ、左手シワで
手に足にヒール・・・すごい力で乗り込みながら。

「うっ」と声を出す、男。
射精してしまったのか!?

そのまま、漏らさないようにFIN。

「やるなーおぬし!」とショーリンが
テッシュペーパーを渡すと
丁重に頭を下げ、男はトイレに・・・。


ショーリンの番。

超貧乳ホールドに爪を立てて、中指1本のポッケに
ストレスに耐え、お迎えも1フィンガーポッケ。
インサイドから左足を上げ、デッドで薄いポッケットに。
そのまま、右斜めの、またしてもの貧乳ホールドに。
揉みどころがないので、乳首をピンチで持ち、FINに。

ポッケは好きだが、貧乳は嫌いなショーリン。
なんとかこなして、勝負は3本目に。



-バトル2

左、右のクロスで、足は胸のあたりの高い位置。
まず、右手でアンダーを取りに。
左手縦ホールドに、体勢が悪いまま、デッドで
極小の円盤に。ここから核心。
手添え出来るか、ギリギリのとこで、右斜めにランジ。

なんとか止めるが体は回り出す。
その、ほんの少しの合間に、FINにもう1発、お迎えランジ。

反応できるか!

あと、もう少し早めに体を止められたら・・・1回目フォール。


2トライ目。
今度は早い反応でゲット。


次の課題。

ショーリンが一激なら、勝負あり。

男の課題は単純。
左手で皿、右手でうすカチで、足ぶらスタート。
左足に乗り込んだら、終わり。

何かあるな!そう思った。

ショーリンは、クシャクシャ笑顔で足ブラに。
そのとき、わき腹の傷口が開いた。

さすがにMのショーリンも、もんどった。

わき出る血をなめると、「アチョー!アチョー!」と
ブルース・リーに。

敵は、獣の匂いがする男。
でも、ショーリンは20発の弾丸でも死なない、不思議な男。

ガムテープで傷口を補強して
2トライ目。

このとき男は、"勝ち"を確信した。

左足のスタンスはツルツルで、必ず滑る。
何度も何度もやって、やっと乗っけ方のコツを掴んだ。

一度や二度じゃ無理だ!!!

はがれそうなガムテープを気にしながら、足ブラに!
左足が上がる、乗っけた瞬間、ツルっときた。

男は「終わったな」と、心の中で呟いた。

外れた足を、もう一度ツルに。
膝の角度を、少し入れると
スタンスはショーリンを素直に迎え入れた。
まだ濡れてもないのに・・・そして、鳥のようにFIN。

「なぜなぜ!?!?」
今度は声を大にして、男が。

「いやぁ、クツ忘れちゃって、更衣室にあるやつ使ったんだけど
これがターントウーでさ。登りづらくて・・・
でも、あの足はかきこめたから、ラッキー」

唖然・・・

そしてジャンケンに。
気合が入ると、こぶしを握る。THE昭和。
パーを出した男の勝ち。

満杯の会場は、すごいんだがすごくないのか
分からないクライマックスに、軽く拍手を送った。


「内容的には、僕の負けです。
まだまだ凄い人いっぱいいます。
修行し直しです」とさわやかな笑顔で。

1時間後。

誰もいなくなった店。

「危なかったな」と俺が言うと
「いやいや、まだ俺と勝負しようなんて、
100年早いねー」と北京語で強がりを!


それにしても、四角四面はとうふ屋の娘、
色は白いがみずくさいときたー。

・・・・・????

《完》
スポンサーサイト
復活 <前編>
持ててるのか微妙のマイクロホールドをサイドプルで、
右足のスタンスに乗り込みジブスを、
左のクロスをわき腹がつりそうになるのを耐えて・・・。

「いたー、いたー、痛いねー! 傷口がー!!」

20発弾丸打ち込まれたのに地獄の3丁目から
PASMOフルチャージで戻ってきた男
"チャイニーズマフイア"ショーリン。

「抗争で4人死亡が3人死亡、
一人超重傷に訂正」
夕刊ゲ○ダイ



「寝てるの飽きたから登らせて」とクシャクシャ笑顔で、黒光の筋肉にミシンの傷跡いっぱいの体をチャイナ服に包みやってきた。あきれたやつ・・・。

「あのー」
「あ、はい」
「ここ初めてなんですが垂直あります?」
「少しなら」
「入会させてください」
「はい・・・。じゃ、こちらで着替えて荷物は奥に」


「また来るね。もう少し傷が直ったら。組は抜けさせてもらったよ。ここで働かせてーな」

スターターの1回目は"ジブスの持ち方"。
2回目は"手に足のかけ方"。
3回目は"クギで移動"。

「か!!」
「へへへへ」
「ところで、今の男、獣の匂いするね・・・」
「・・・」

ダサイのをはるか通り越した男は、クライミングモードになると、別人になった。

ソギ落とすだけ、落とされた身体は、末期の拒食症患者に間違えられるが、垂直だけをやるために鍛え上げられていた。

ピンチ力は疑問だが、指力は微妙なシワもおさえつけるほど発達していた。

肩関節と股関節の柔軟さも目を見張るほどで、ショーリンとはまた1味違っていた。

こ1時間ほど遊び、こちらにやってきた。

「あの垂直うまい人います?」
「いるよ」
「いつ来れば、会えます?」
「とうぶんは、しょちゅう来るよ」
「そうですか!」

嬉しそうに笑った顔に、悪魔が宿っていたのを、見逃さなかった。


-1週間後

「もう大丈夫ねー、のーぷろぶらむねー」
「本当か?」
「メイウエンテイー」
「お前をお待ちの方がいるよ」
「へへへへ」
「あの獣ね」
「ヤツは、強いヤツとやりたがっているねー」
「強いやつをつぶして、気持よがる変態ねー」
「じゃかまってやれよ!」
「明白了」


<後編>へ続く
再見
朱色のテーブルに、蒸かし上がった小龍包が運ばれてきた。

レンゲに入れ、口に運ぶ。ハフハフ言いながら噛み付くと、熱いスープが。火傷しそうなのをこらえ、チンタオビールを1口。更にもう1つ。要領が分かってきたから余裕で味わう。少しだけ黒酢を入れて。いい香りと共に、熱いものが出てきた。

海老と卵の炒めものを、半分に分け、俺によこす。三年物の紹興酒と一緒に、胃に入れる。ショーリンは、ヘタな日本語で「うまかー」、クシャクシャな笑顔でこちらを見る。


チャイニーズ・マフィア、ショーリンとの出会いは20年前。

俺が作ったガレージジム。
夜の10時、人がいなくなったタイミングでやってきた。

「もう終わり」。そう言うと、「そんなせっしょうなー」と、禁断症状で震えてる手を見せた。「1時間だけ」という約束で、カウンターのイスに、腰を降ろした。

"スタッフが帰っても、あなたは登っていていい!"の時代では、まだなかった。


ショーリンの登りは見るものを、釘付けにする。小さなホールドに、手に足をかけ、ジワジワとスタッテックに取りに行く。ベースとなる力がないと、出来ないことだが、リーチがない分、それを補うために。自然と鍛えられたのだろう。


奴は忘れた頃にやってくる。こちらが無防備のときに、気付くと横に立っている。黒光りしたインナーマッスルを、男物のチャイナ服の中に隠し、「ひさしぶりねー」と、クシャクシャな笑顔で、こちらを見てる。

俺がヘタな北京語で近況を聞くと、「ダメダメネー」と、笑っている。組織が儲からないから、ろくに登れないと、"抗争とクライミングの関係"を考えたが・・・、やめた。

ショーリンは、垂直専門だが、ここ最近は、傾斜もやるみたいで、結構強い。2,3本登ると、禁煙のマークを無視して、ショートホープに火をつける。自分の手を灰皿にし、最後は自分の手で握りつぶす。

「熱くないの?」と、聞くと、笑いながら「太熱了!」と、時々、北京語を話す。そして、いつの間にか、いなくなる。また意外な再会まで。


熱いタンタン麺をすすりながら、「このあと時間は?」。

野菜とゆばのやきそばは、味はいいが麺が焦げてるところが、気になった。「別に大丈夫」と、答えると、「食後のエクササイズしよう!」と、店の地下に案内された。

4メートル X 4メートルの垂直の壁。でも、ホールドは無し。

代わりに、先端だけ、指が傷つかないように丸めてある、長さが違う釘が打ってある、中国語で釘の下に何か書いてある。

「何これ?」
「これは、指・指定ね」
「ハア・・・」
「ドクロが、逆さになってるスッテカーは、小指だけね!」

ジャスミンティーを飲みながら、俺は見学にまわった

それから1時間。
ショーリンの"釘クライミング"を堪能させてもらった。


3年後・・・

やつが来た。

そして「再見ね」と。

「組織の抗争が・・・たぶん命ないねー。最後に会いたっかたよ」と、クシャクシャな笑顔。

「さよならだけが人生だよと」北京語で言うと、「しぇしぇ・・・先に逝ってるよ」

「少し登ってくか?」
「おーおー、おおきに」と、関西弁。


そして3日後。

新宿歌舞伎町でマフィア同士の抗争で死者4名
主格の男は全身に20発の弾丸を・・・・


ショーリン、やっと休めたな。


ほうずき
「先生、レッスンが終わったらうちにいらしゃいません!? おとといからうちのはイタリアに仕事で・・・。いいブルゴーニュがあるんですが、1人じゃ飲み切れないし、松坂のお肉と、天然のヒラメがあるので、それをつまみに。で・・・、デザートはわ・た・し!」

こんなシュチュエーションを期待して作った駒沢。
駒沢マダムはどこ吹く風で、来るのは小学3年生の男の子。

「先生! 腕を伸ばして、下を見ると、リラックスできますね!」

ときたもんだ。

当てが外れた駒沢も、毎年嫌いになる夏の到来と共に、早1年。
このまま放っとくのもいいが、それが出来ない、嫌な性格。


■リニューアル1日目

見てるだけなら、大したことないが、外すとなると・・・。
時給300円と、モスバーガー2個で、若い奴らにやらせれば2時間だが。

ま、たまには仕事するか!が甘かった。
長時間の立ち仕事で、左ヒザが、鵞足炎(がそくえん)。足を引きずって、一度帰宅。

途中まで見たDVDを、アイシングしながら見る。
アルプスのきれいな景色と、主人公の女のヒップの形以外は・・・。
何でこんなの作ったの?と、凄い駄作。

ツタヤのバイトに、「パッケージに"おすすめ"と、書いとけ」と言い、マダムに会いに、駒沢にUターン。


待っていたのはブルガリアの娘たち。
俺を見ると、恥じらいの表情。優しく触ると、肌は鮫肌。どちらかというと、もち肌好きなので、少し引いた。

時間がないので、愛撫なしでいきなり抱き寄せて、未開通の穴に、「やめて」と叫ぶのを無視して、強引に突っ込み、締め上げる。まだ処女なのに、もう感じは始めている。末恐ろしいブルガリ女をバンバン犯し、2時間格闘の末、全ての娘を女にしてあげた頃、反撃が待っていた。

鮫肌は、俺の皮膚に貼り付き、皮がボロボロに・・・痛い。
さんざん、まとわりつかれて、グロッキーで、初日終了。


■2日目

駒沢OPEN、セッション・デコボコメンバーが来日。

さんざん前回の失敗をののしられ、どつかれ、でも今度も失敗するだろうと確信したとこで、試合開始の笛。

上がらぬ膝と、ブルガリ娘の攻撃により、むけた皮膚。そして、割れた爪による流血。

最高の舞台にふさわしい・・・。


■3日目

セッティングの大変なところは、たくさんのグレードを作る為、たくさんの動きが要求されることだ。

この歳で3日連続!!の、派手な動き。ボリューミーなブル女も、もう見たくもない、触りたくもない。

どこかのジムの社長は最終日に、眠そうにやってきって、死ぬほどいる若い衆に、「どう? できたかなぁ?」と、壁をなめまわし、「じゃたのむな~」と、帰っていく。一度でいいからやってみたい。

壊れた花瓶は、元に戻らない。ナンパした女の手を握ったとき、この爪を見て、何人が逃げていくだろう?

173cm 56kg
体脂肪 3%

筋肉を見ない医者は、「すぐに入院して栄養をとる様に」と、指示するだろう。


ふと窓の外に目をやると、駒沢の8階に、夕闇が訪れ始めた。
遠くには丹沢の山、さらに奥は南アルプスが。
左奥には霊峰冨士、たそがれた空にむかって呟いた。

ボーイズ ビー アンビシャス・・・


試合終了


レッツメイクラブ
「え、あー、またーだめー」
「バタン!」
「気付いたか?」
「また、このパターン」
「フフフフ」
「この間はチンXが登れて気分良くなったから開放したが、今度はそうはいかねー
よくもよくもやってくれたな」
「・・・」
「だいたい、新宿には行かないはずじゃなかったのか」
「・・・」
「しかも、黄色茶の★をまたしても・・・クソーっっ。どうしても、あのクロスが出来なくて・・・。なのに、お前はさっと出来やがって! 今度こそ、おさらばさせてやる!」
「・・・」
「あー、どなったら、ノドが渇いた。こういうときはラムネだ。この安っぽい炭酸が夏だ、な?」

(ラムネは、イギリスからもたらされたレモネードから出来たもので、消火設備として炭酸ガス発生装置が設置されてます)

「ほほぉ」


「あ、そうだそうだ。メロン、メロン。夕張があったなー。ちょうど食べ頃だー。夏の風物かー。な?」

(アールス種とスパイシー種の交配が成功して、甘みやわらか、風味みずみずしく・・・喰いてぇ)

「フフフフ・・・今度こそ殺す」


「さて、なにか面白い記事は・・・」

「なにぃ!? “ネイマール蹴られて腰椎骨折”・・・なんか、薬みたいな名前だな。コイツ、な?」

(第3腰椎は腎臓、膀胱と密にあり、たとえ直っても後遺症が残ります)

「試合の最中に、催しちゃなー。まだ若いのに・・・」


「お、シュワちゃんとスタちゃんの大脱出がDVDかぁ。ツタヤ行くかー。アタリかハズレか、どっちかだな、な?」

(医者はよく知らぬ病気を直す為に、よく知らぬ患者に、よく知らぬ薬を処方する)

「ハアー」


「おいおい、長寿遺伝子サーチュインのレスベラトロール、本当に効くのか??」

(赤ワイン3杯のが価値ありです)

「あぁ、飲みて~。カベルネ、ネピオーロ、いやサンジョベーゼでもいい」
「フフフフ・・・死ね」
「また・・・な?」

「おはよ~。よく眠れた~?」
「そんなわけないでしょー」
「これ朝飯ー」
「買ってきってくれたんですか!」
「うん、見るだけ!」
「・・・」
「はまだやのBLT」

(三茶にある小麦天然酵母のはまだやの名物は、大福のような塩味の豆ぱん、サンドウイッチは食感がソフトで中はリッチな味)

「あぁ、喰いてぇ」
「クアアイナのBLTもいいけどな」

(サクサクのパンにカリカリのべーコン。シャキシャキとしたレタスに、ジューシなトマト。甘みのあるたまねぎが1つになり・・・)

「あぁ、もうだめ~」
「フフフ・・・いいね」

「そして、これに合わせるのがベンガルのダージリン、この強い香りがパンに負けない」

(抗菌作用のあるカテキン、解毒作用のあるカフェイン、虫歯予防のフッ素、紅茶はTHE最高)

「THEが余計!」
「・・・」
「飲みたい・・・」


「よし、登りに行くかな」


(クロスを入れる前に足を入れ換えると・・・)

「なにぃ?」
「いえ、なんでも・・・」


「生きてるかー?」
「脱水がひどく・・・OS1をお願いします」
「・・・フフフフ」


「いやぁ、三島に行っててさー。おみやげは桜屋のう・な・ぎ!」

(芯まで炭火が通った焼き加減、甘いからいの中間に抑えた秘伝のたれ、うなぎの食感をさまたげないやわらかめのごはん。自家製の山椒は香りが強くうなぎと絶妙に合い・・・うぅ・・・たまらない1口、いやかっ込ませてください)

「フフフフ」

「これに合わせるのが、磯自慢の大吟醸、一球入魂」

(山田錦100%の大吟譲はメロンバナナの立ち香りと、細胞がギュっと詰まってる密度の濃さが特徴。口に含むと、トロトロの甘みが一気に拡散、いままでおとなしかった酸味がじわりとくると、さっときれていく)

「フフフフ。これをうなぎと・・・あーうまい。死んでもいい。な? うますぎー」
「すみません、殺してください・・・」

「どれどれ、今日どんなーニュースが? 」

抜群に出世する人の行動は、
若い頃から敵が少ない・・・
盆暮れの付け届けを、おこたらない・・・


「はぁ、俺とま逆だな・・・」

「あの・・・」
「なんだよー!」
「友達います???」
「・・・」


七夕
「うー・・・、え・・・? なにぃ?? あっっ」
バタンっっ。

「ここは?」
「お目覚めかー?」

う、手足がつながれてる・・・一体全体何で僕がこんなことに!?

「フフフフ」
「僕にうらみでも?」

うらまれるようなことがあるのか・・・いや思いつかない。

「君と面識もないし・・・」
「しょっちゅう会ってるけどな」
「どこで?」
「フフフフ」

「のどが渇いた。何か水でも」
「は~? そんなものはない。おまえはこれから、飲まず食わずで死んでいくんだ。その光景をじっくり見学するんだ」
「なんでー!?」

「さて、腹が減ったからと・・・、崎陽軒のシュウマイ。冷めると、ホタテの味がさらに感じる、さすが横浜」

(カラシ醤油に浸して、熱いご飯と食べれば、何杯でもいける)

「ほぉ、それもいいなぁ」
「さて、デザートは亀屋万年堂のナボナだ。チーズクリーム以外認めない。なぁ、おい」

(THE昭和って感じです)

「一口ください」
「フフフフ」

「さて、くだらないTVでも観るか」

「あぁあぁ、このバカ。何が結婚しろ、とか、子供生め、とか、つまらないことをわめいてんだ。しかも、この女のこのかわし方と、下向きながらのごまかし笑い。事が済んだあとに始まる、古典的な物語だな。なぁ?」

(どうせなら結婚できない、子供作れないかわいそうなやつと言え。言われた女わそいつのとこに走って胸倉をつかみ、給料いいんだろ? 愛人にしろよ。で、やってやってやりまくって、子供作って、面倒見てくれよ。ぐらいなら、少しは面白いが)

「フフフフ。いいねぇ、君」

「あぁ、このオ○カタ、ホントブスー」
「しかも、言い切ちゃだめよー。この世に100%なんかないんだから、な?」

(スタップサイボウあります。うーん、もしかしたらないかも・・・よく分からないんですよー。恋人募集中です! 私より年収上で、180センチぐらいで、色黒で数学が得意な人がいいな~、とか)

「フフフフ。いいねぇ」

「さあ、今日は帰るよ」
「あのー、汗が・・・。すごくシャワー浴びたいんですが、それとトイレ・・・」
「フフフフ。いいのがあるよ」

「あ~、おはよう。まだ生きてるねー」
「何か飲み物をください・・・」
「いやぁ、さっき浅草行ってねー、ヨシカミのカツサンド。キャベツがパンからはみ出してる下品さが、下町だね。それと、このロースの脂ギトギト、どこかのヒレカツさんどと大違い、な?」

(辛めのソースが染み込んで、冷めると不思議なハーモーニを奏でる)

「なるほど」
「すみません匂いだけでも」
「だめだ」

「デザートは壮快の大学いも」

(この黒ごまの多さがたまらない。中ふっくら。密をねかせて独自の方法で絡ませ、炒ったゴマを最後に・・・たまらない、1口)

「うんーまたバカなやつがいたもんだ。国民の税金で、バンバン空出張して、泣きながら訳わからない事言ってるよ、な?」

(これだけ使い込んだのに、何でこの田舎の女は落ちないんだ、いくら使っても、お前だけは嫌なのさ)

「なるほど、フフフ」

「しかし、このお坊ちゃん総理は、増税の次は戦争しましょうだよ。落ち着かない小物」

(ドイツのヒットラーは小心者で体が弱く、劣等感のかたまり)

「フフフフ、安部も似てるな~」

(あのー、このままだと、本当に死んでしまいます)

「それが目的だよ」
「ワケを・・・それだけでも。このままだと死んでも死に切れないです」
「なるほど。しかし、死ぬのは勝手だが頭からガソリンかけて。ガソリン値上がりしてるのに、な」

(焼身自殺は見るものに感動を与えます、腹を切って血が流れたり、飛び込んで、グチャグチャになったりすると、目をそむけたくなります。鉄板で、ステーキに火をつけると、誰もが釘付けになります。それと同じで、炎は人を感動させるのです)

「じゃ、この消防隊は誤算だったな」

「じゃまた。死ぬなよ」

「すみません、せめてこのオシメだけは・・・取り替えて・・・ビショビショで・・・」
「高いんだよ、パンパース成人用は」


「おぉ、だいぶやつれたなぁ。4日目」
「もう・・・、ダメです・・・」

「さあ、トップスの海老カレーだよ、今日のランチは。甘口以外考えられない、な?」

(店ではバターライスが食べ放題。いかにルーを残しつつ、ライスをたくさん食べるかが勝負)

「フフフフ・・・」

(ルーがなくなったら、トッピングのチーズでライスを食べるのもオツ!)

「そこまでしなくても・・・」

「あぁ、食いたい・・・。何か飲ましてくださーい」

「デザートは、カステラ」

(しっとりしているが、食べ終わったあとの味が、なぜかせつないくらい安っぽい)

「なんでだろーな?」

(シンプルな素材ゆえの結論です)

「なるほどー。3時のおやつは文明堂か」

(洗脳のフレーズです)

「プリーズ! 今の僕に必要なのは、能書きじゃなく、水とカステラです」

「あーうまかった。なにー? 二度としない決意したと、な?」

(今は節制した生活と、社会に対してのけじめがあるから、その言葉が出ますが、覚せい剤はそんな甘いものじゃない。まして金がある人間なら、いくらでも手に入ります)

「何度も何度も捕まってるものな」

(気持ちでやめられたら、人間みんな幸せ)

「さ、じゃそろそろ」
「待ってください」
「もう限界です。今日辺りが山です」
「訳を・・・」
「黄色のちんX登っただろう?」
「え・・・なんです、それ??」
「課題だよ、新宿の」
「え、あぁ、はい」
「俺はもう50回は、やってるのに、お前は一激。その前の、赤のXも。その前の、赤黄色のOも。お前がいると・・・自尊心がボロボロに」
「わ、わ、分かりました。二度と新宿には行きません。これからは○ンプとかT壁とか・・・」
「もう、遅いんだよ。じゃあな!」
「ちょとちょと、待って・・・待ってーっっ!」

「さあ、更新いくかな。今日こそ、黄色のチンXを。あ、その前に、難波屋の焼きうどん行くかー。かつおぶし大盛りで」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。