クライミングスクール・ジムJ&S池袋とJ&S駒沢のブログです。会員様向けに、休業日やイベントのお知らせ、ジムやクライミングに関係あること・ないこと、楽しかったこと・おもしろかったことを載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キットカット
強くなるためには?

週2登り、たまには外も行き、SPなトレーニングこなし・・・
でも、もっと突き抜けたい。


昔2人の男がいた、性格は対象的だが、非力で体が大きく、飲み込みが悪いのは同じだった。マジメさだけが取り柄で、ジム通いはサボらなかったが、頭打ち状態は、自他ともに認めた。

そんなある日、事件がおきた。家でぶっ飛んでるだけならまだしも、成田辺りの日当たりのいい場所で、スクスク育てた大麻を、武黒の路上で売買、男が話をつけ、「商談成立だ」とカミさんが、物と現金を交換、しかもストリートで。映画の見すぎか、よほど抜けてるのか、そんなことを黙って見逃すほど、ヤクザと警察は甘くない。

ちくられて、あっというまに御用! ところがおかみは、女房だけ拘束し、男はシカトときたもんだ。これは、警察がよくやる手で、ホリの中に入れられた相方を、「指をくわえて見てろ逮捕」というらしい・・・ホントか???

打ちひしがれ、気力を失った男だが、体力だけは10人前、更に脳みそはスッカラッカン。フリーパス特権を最大に生かし、毎日のようにジムに。事情は分かってたから、「ハッパ禁止」を条件に、放っといた。双方を苦しませるだけが目的の拘留は、なんだかんだと理由をつけ、長引いていった。泣きながらGOスタート、わめきながらのFINと、うるさくってしょうがない。

金もないから弁護士も雇えない、面会もろくにさせてもらえない。イラだった気持ちを壁にぶつけた。

4ヶ月の後・・・
釈放となり、2人は泣きながら抱きしめあい、声に出して叫んだ。

「二度と・・・、二度ともう、二度と捕まりたくない!」
「そうだねー」
「うん、絶対に捕まらないようにやろうね!」
「ハア・・・」

男は、この数ヶ月で2皮、剥けていた。


彼は、優しい母思い。誕生日には必ず食事をごちそう。ボーナスが出れば、プレゼント。母の日には、バラの花。俺みたいに、菊の花を送ったりしない。

でも、母親の過酷な運命を知る。

もって三ヶ月。すい臓ガンのステージ4は、ゴールドフィンガーのタイムリミットと同じで、あっという間に天国へ連れて行かれてしまった。

涙は、一体どこで製造されるのだろう? そんなことを考えるまで、泣き明かした。気持ちの整理がまだつかない頃、俺のとこにやってきた。

「どうしたらいいでしょう・・・???」

展開は、シリアスにドラマチック(なんじゃそりゃー)。俺は込み上げてくる悲しみを、横のイスに置いた。

「お前の今の、悲しい気持ちや理不尽な思いを、全てクライミングにぶつけて、強くなれ」

それから彼は、何かに取り憑かれたようにトレーニングし、別人のようになったのだった。


強くなるには、意外な展開が必要なんですかねー?


P.S.

スケートの000、練習中に膝靭帯切って手術。一年後に復帰で、世界チャンプ。言葉が出ないほど、スゴイ! おそらく、すさまじいほどのリハビリ。精神力に脱帽。

彼の中にあったのは、ただひとつ、「もう一度滑りたい」。人間って、美しい。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。