クライミングスクール・ジムJ&S池袋とJ&S駒沢のブログです。会員様向けに、休業日やイベントのお知らせ、ジムやクライミングに関係あること・ないこと、楽しかったこと・おもしろかったことを載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
千切りキャベツ
やってもダメと分かってきたクライミングジム。駅から15分のヘンピな場所、「練馬区では初」とか、「今日は誰々さんがセッターに来てくれました」とか、アホなジムは少しは出来ている。しかし、渋谷の109の横、新宿アルタの前、銀座ソニービル斜め前、二子玉高島屋の中、そうゆうとこには出来る気配なし。

残存率の低さNo.1のカルチャースポーツ。「前からやってみたかったんです」、「最近超運動不足でー」のフレーズは、軽く闇に葬られる民主党だ。

日本一易しいジムを豪語してOPENした、西新宿のエス。日本一アクセスが悪いの間違いじゃないのか。最初はともかく、やってりゃ少しは登れるようになるスタッフ。そのうち、始めのコンセプトはどこへやら?で、そこら辺のジムと変わりなし。残存率の低さに貢献してくれました。

ホールドや壁、そしてチンケな内装に金をかけ、償却2ヶ月の暴利な保証金を取られ、財布の中身はすっからかん。気付けばマットのお金が・・・。成人男子60~70kg、女子40~50kgに対応出来ないヘラヘラマット。何かあったときの裁判に備え、念書だけはしっかりと。これまた、残存率の低さに貢献。

全くやったことのないビギナーに、たった15分の能書き。「クライミングは力じゃありません」と、正体(せいたい)で初段を登る、握力80のジムオーナー。残存率の低さ貢献フルパワー!


岩は外にあるのに、しつこいぐらい「外岩」連発する小僧が、近くを歩いてる俺に、
「あのぉ、すみません。このカチは、使うべきですか?」
と質問してきた。スタンガンノスイッチを思わず入れそうになるのを堪え、
「ま、とばしてもいいんじゃない」
「え~? じゃあ、このカチはフェイクなんですね?」
ときたもんだ。今度こそ、スイッチを入れ、頚動脈目掛けてスタンガンを差し出そうとしたとき、
「でも、この動画見るとカチ使ってるんだよな~」
とわざわざ見せてきた。

YOUTUBEのおかげで、せっかく、心、力、頭が3種の神器のアナログスポーツが

怒りに体を震わせて、スタンガンを頚動脈から心臓に変更しようとしたとき、外岩小僧がひとこと。
「いやぁ、俺みたいなバカでも、コレのおかげでなんとかムーブが出来ました」
下がりまくりの残存率が少しあがりましたとさ・・・。

けーっっ

あ、そうだ。スタンガン、ヤ○カワ君に返さないと。
今日使うって言ってたからな・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。